-
近鉄 八尾駅 徒歩3分 わたなべ皮フ科・形成外科 八尾市/柏原市/南河内、治療の相談はお気軽に(予約不要)
072-993-4676



http://yao-hihu.net/
(URLを変更予定です。10秒後に自動移動します。 自動的にジャンプしない場合は,上記URLをクリックしてください。)


当クリニックの治療
>保険診療について

>美容診療について
院長ブログ
医療法人あすなろ会
わたなべ皮フ科・形成外科
院長・渡辺奈津

〒581-0802
大阪府八尾市北本町1-3-5
072-993-4676

院長紹介

大阪府 八尾市(女医)わたなべ皮フ科 形成外科 近鉄八尾徒歩3分。美容皮膚科、しみ、ほくろ、レーザー治療、保険適応します。

院長紹介
院長略歴
  渡辺 奈津 (わたなべ なつ)
  神戸大学卒業後、形成外科医として活動。

1993年わたなべ皮フ科形成外科を 開業。

漢方治療などを用いて皮膚科・形成外科領域以外の診療にも携わる。

こんにちは。院長の渡辺奈津です。
私はこの街で皮膚科・形成外科医院を開業して20年となりました。

元々は形成外科医として、たくさん美容関係の治療にたずさわってきました。
自分で申し上げるのも何ですが、器用に手術をこなしていました。

その頃、私の年の離れた妹がある病気に罹患しました。
当時、両親は妹のために何件も病院を回り、たくさんの神社でご祈祷もしていただきました。
しかし症状は改善しませんでした。
原因は今も分かりません。
また同時期に、私は怪我が元で肝臓を患いました。
手術が好きだった日々から、手術のために立っていることすら辛い毎日・・・

このような経験は、「治す」って何か、「治療」って何かを私に考えさせる原点です。
私は医院で日々、患者さんと向き合いながら「治すって何か?」を考え続けています。

かゆみを止めるための軟膏を処方する、それは簡単なことです。それだけで良いのか?
薬に頼り始めると際限なくエスカレートしていく場合があります。
肝臓を患って療養していたとき自身が経験したことです。

私は皮膚科・形成外科・漢方・心理療法・代替医療・補完医療など幅広く勉強し、患者さんが自分の力で治すのをバックアップするのが本当の医療ではないかと考えます。
もちろん、かゆみ止めも出します。
しかし、それだけではない、もっと根本的な治療に取り組み、
人が元気になる治療をしたい、そう強く思います。

平成17年に、様々なこと、自分のやっていく治療方針に悩み、代替医療にのみひとまず専念するため1年間休業しました。その後統合した医療を提供すること が自分のミッションであると再確認し、ふたたび地域の皆様の健康の一助になりたいと思い今に至ります。

働く私の姿を娘に見せられること、
患者さんから「先生、よくなったわ〜」と声をかけていただけることが私の幸せです。

どうぞ皆さま、よろしくお願いします。




当院の治療方針
根本治療、総合的取組み、また美容・アトピー・にきび・しわシミ

当院では「痛みに痛み止め」、「かゆみにかゆみ止め」といった対症療法だけの治療は 本当に「治す」ことにはならないと考えます。痛み、かゆみには元になるものがあるはずです。出来るだけ根本的な治療を行っていきたいと思っています。 例えばシミです。力任せて的に抑え込む治療をして却って悪化することがあります。そういうことは可能な限り避けたい、というのが治療に対する考え方です。
西洋医学による処置・処方、漢方治療などに石鹸や軟膏などを使った生活指導、食事指導などを取り入れた総合的な取組みをモットーにしています。

院長は女性であり形成外科の出身です。機器頼みの処置ではなく、ベーシックに肌に優しく美容に取り組んでいくことも得意としています。アトピー、尋常性乾癬、にきび、シミしわなども同様です。








HOME | お問合わせ
Copyright © 八尾市 わたなべ皮フ科形成外科. All Rights Reserved.